菅原一秀(すがわらいっしゅう)前経済産業相に続き、河井克行(かわいかつゆき)法相が31日辞任した。「慣れや緩みが出ている」「内閣総辞職に値する」。内閣改造から2カ月足らずで閣僚2人が去る事態に、本県関係国会議員からも与野党を問わず厳しい声が相次いだ。

 「国会がなかなかスムーズに動かない状況を重く受け止めなければいけない」。茂木敏充(もてぎとしみつ)外相は派閥会合のあいさつでそう述べ、「国会の会期もかなり進んできている。より緊張感を持って国会運営に努めてまいりたいし、また一緒にそうしていきたい」と派閥の所属議員に呼び掛けた。

 自民党の船田元(ふなだはじめ)衆院議員は「正直、第1次安倍政権の『辞任ドミノ』を想起させる状況。相当引き締めて手直しを図らないと政権運営は難しくなる」と危機感を募らせる。政治改革や政治資金規正法の強化から時間が経過したことに触れ「政治家側に慣れや緩みが出てしまっている。皆が改めて身を律しないといけない」とも指摘した。

 立憲民主党県連代表の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員は「内閣総辞職に値する。在庫一掃内閣の弊害がもろに出ている」と反発。その上で「安倍総理は『任命責任』を口にしながら、一度も国会での説明責任を果たしていない」と批判し、衆参両院で予算委員会の集中審議を開催する必要性を強調した。

 「ウグイス嬢の日当上限額は常識中の常識。香典の件もそうだが、お粗末の一言に尽きる」。無所属の渡辺喜美(わたなべよしみ)参院議員も菅原、河井両氏をそう突き放す。一方で2人が菅義偉(すがよしひで)官房長官の側近であることに触れ「『令和おじさん』として存在感を増した菅氏への自民党内のバッシングが(スキャンダルという)形になって表れたという見方もある。ポスト安倍に向けた暗闘が次のステージに上がった印象だ」とも述べた。