聖火ランナーの候補者について審議した聖火リレー県実行委員会=30日午後、県公館

 第7回東京2020オリンピック聖火リレー県実行委員会が30日、県公館で開かれ、県内を走る聖火ランナーのうち、県が国の大会組織委員会に推薦する44人を決定した。12月以降、大会組織委員会が最終決定し、公表する。

 実行委員会の冒頭、会長の北村一郎(きたむらいちろう)副知事は「聖火リレーが台風19号で被災した市町に元気を与え、盛り上がりを絶やすことなく、成功に向けオール栃木で取り組んでいく」とあいさつした。