秋の行楽シーズンを前に県は29日までに、混雑する日光地域における渋滞対策を発表した。県や市などが連携し交通状況を確認できるライブ配信を行うほか、二社一寺周辺に臨時駐車場を約700台分設ける。

 ライブ配信は交通量の分散化などを目的に、国道119号と日光宇都宮道路の下り線に計6基設置し、映像は日光宇都宮道路日光口パーキングエリアと東北自動車道佐野サービスエリアの2カ所で提供する。