秋の夜空に華麗に打ち上げられた花火

 【茂木】道の駅もてぎで26日、花火大会2019とキャンドルイルミネーションが開かれ、秋の夜空に咲く大輪の花に来場客から歓声が上がった。

 同道の駅唯一の夜のイベント。ステージでプロ歌手のショーなどが披露された後、花火は午後6時から道の駅の敷地の端から打ち上げられた。

 来場客のいる場所から近いため、道の駅全体に大きなさく裂音が響きわたり、時間は十数分と短かったものの迫力は十分。客は火の粉が頭上に降り注ぐような感覚とともに、秋の花火を堪能した。

 坂井、茂木小6年渡辺美沙(わたなべみさ)さん(11)は「迫力があった」と笑顔を見せ、母親の直美(なおみ)さん(49)は「毎年楽しみに来ています」と話した。