市教委が発行した「佐野市の文化財」

市教委が発行した「佐野市の文化財」

市教委が発行した「佐野市の文化財」 市教委が発行した「佐野市の文化財」

 【佐野】市教委文化財課はこのほど、市内の指定・登録文化財など全259件の情報をフルカラーでまとめた書籍「佐野市の文化財」を1千部発行した。旧田沼、葛生町を含む市内全域の文化財を網羅しており、近年新たに指定を受けたばかりの文化財も盛り込んだ。同課は「手に取って読んでもらい、佐野の歴史や伝統に目を向ける機会としてほしい」としている。

 市教委では合併前の1991年に今回と同名の書籍「佐野市の文化財」を発行している。しかし旧田沼、葛生町内の文化財や、この約30年の間に指定を受けた唐沢山城跡、田中正造(たなかしょうぞう)終焉(しゅうえん)の家などは掲載しておらず、現在の市内の主要な文化財を網羅した新版の発行を求める声があった。

 同課は、芸術や歴史に詳しい有識者らでつくる「市文化財保護審議会」の委員に文化財の解説文の執筆を依頼するなど、約3年前に新版発行への準備を本格的に開始。掲載用の写真は地元の愛好家の協力を得て撮影した。