野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は23日、谷津鷹明(やつたかあき)主将(24)ら7人の退団を発表した。

 7人のうち任意引退は谷津主将のほか、今季7セーブを挙げた金本享祐(かねもときょうすけ)投手(26)、大田原高出の野崎新矢(のざきしんや)内野手(25)、国学栃木高出の秋山陸(あきやまりく)投手(24)、山崎貴之(やまざきたかゆき)外野手(24)、練習生の内山凌(うちやまりょう)捕手(23)の6人。吉川竜太郎(よしかわりゅうたろう)投手(22)は自由契約となる。

 球団を通じて、谷津主将は「今季限りで野球はやめてしまうが、新たな道でも全力で頑張る」。野崎選手は「楽しいこともつらいこともたくさん経験したが、このチームでプレーできたことは本当に幸せ」などとコメントを出した。