初優勝を飾った中田英幸(壬生)=鶴CC

 第54回県知事盃争奪ゴルフ競技大会(県ゴルフ連盟、県ゴルフ場協議会、下野新聞社主催)は22日、宇都宮市の鶴CC(一般男子6262ヤード、一般女子・クイーンズ5024ヤード、シニア・グランドシニア5854ヤード)でネットの部決勝を行った。荒天のため急きょ9ホール(パー36)に短縮して行われ、中田英幸(なかだひでゆき)(壬生)がネット31・6で初優勝を飾った。

 36選手が出場し、ペリア方式で争った。朝から風雨のあいにくのコンディションとなり、9ホール競技に変更となった。中田はグロス46ながら、トリプルボギーをたたいたスタート1番パー5がハンディホールになるなど、ハンディ14・4を獲得して頂点に立った。

 2位は柳田隆(やなぎだたかし)(那須塩原)、3位には柴山光明(しばやまみつあき)(那須烏山)が食い込んだ。ベストグロスは6オーバー42の若月良昭(わかつきよしあき)(宇都宮)が輝き、来年のシニアの部決勝大会のシード権を獲得した。

 同決勝で4月8日に同CCでスタートした本大会の全日程が終了した。