台風19号の影響で浸水し、水浸しになった白鴎大の体育館=13日、提供写真

台風19号の影響で水浸しになった体育館の水を雑巾で拭く白鴎大のバスケ部員(提供写真)

台風19号の影響で浸水し、水浸しになった白鴎大の体育館=13日、提供写真 台風19号の影響で水浸しになった体育館の水を雑巾で拭く白鴎大のバスケ部員(提供写真)

 台風19号は県内の体育館やグラウンドなど県内のスポーツ関連施設にも被害を与えた。台風が接近し影響が出始めた12日以降は延期となった大会も多い。運動公園の駐車場が災害廃棄物の仮置き場になっているケースが多い上、いまだ復旧できていない施設もあり、関係者の中からは「いつ元通りにできるか、めどが立たない」などの声が上がっている。

 13日昼前、小山市の白鴎大大行寺キャンパス。思川沿いに位置する体育館に入った男子バスケットボール部網野友雄(あみのともお)監督が目にしたのは、水浸しになった床だった。

 部員がモップなどを使って水を外に出し、残った水は雑巾で拭き取った。水を含んだ床板はゆがんだものの、26、27日の関東大学リーグ戦は開催するという。網野監督は「今はバスケよりも日常を取り戻すことが先。学生には『前を向いて頑張ろう』と声を掛けた」と話した。

 当初は12日の開幕を予定していた全国高校サッカー選手権大会栃木大会は、会場の被災などで再三にわたり延期。最終的に2週間ずれ込んで26日の開幕になった。県高体連サッカー専門部の臼井紀仁(うすいのりひと)専門委員長は「佐野日大や足利大付属など休校になっている出場校があり、練習もできていない状況で大会を開けないと判断した」と説明した。

 栃木市総合運動公園は21日時点で、被災したテニスコートの一部や硬式野球場の貸し出しを停止している。総合体育館のサブアリーナは雨漏りで床が水につかり、使用不可の状況だ。担当者によると、県民スポーツ大会のテニスや、市野球協会主催の大会が中止になったという。

 陸上競技場や軟式野球場の一部などは貸し出しを再開したが、駐車場が災害廃棄物の仮置き場になっていることもあり、通常時より利用者は少ないという。同公園の担当者は「職員だけではできることが限られている。完全復旧はいつになるのか」と声を落とした。