ゴールを目指し力走する男子の小川颯(左)と女子の稲延の6年生2選手=那須塩原市にしなすの運動公園

 第2回那須塩原市キッズトライアスロンがこのほど、那須塩原市のにしなすの運動公園で行われ県内の小学生約100選手が競い合った。このうち6年は男子で小川颯太(おがわそうた)(瑞穂野南)、女子で稲延(いなのべ)すずら(細谷)がそれぞれ頂点に立った。

 大会は男女別、学年別で、4~6年の高学年はスイム50メートル、バイク2500メートル、ラン1000メートル。1~3年の低学年はその半分の距離で熱戦を展開した。また、未就学児が親子でトライアスロンを楽しむエキシビションも行われた。

 6年は小川と稲延が併走するレースとなり、小川が11分8秒でゴール、1秒差で稲延が続いた。2位は男子が疋田知希(ひきだともき)(宇大付属)、女子が橋本志織(はしもとしおり)(石井)だった。低学年は小川の弟泰知(たいち)(瑞穂野南)が男子3年で優勝。女子3年は荒井希紀(あらいきき)(大山)が栄冠を手にした。