21日のニューヨーク証券取引所(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比57・44ドル高の2万6827・64ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は73・45ポイント高の8162・99。

 米中貿易摩擦激化への懸念が和らぎ、買いが優勢となった。米政府高官が、米中協議が進展すれば、対中制裁関税の拡大を取りやめる可能性を示したと伝わり、投資家心理が改善した。

 米中摩擦の影響を受けやすいとされるインテルなど半導体関連株が買われた。米金利上昇で金融株も高かった。一方で、航空機大手ボーイングが大幅下落し、相場の重しとなった。