ゴールスプリントを制して優勝し喜ぶバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)=宇都宮市森林公園周回コース

ゴールスプリントを制して優勝し喜ぶバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)=宇都宮市森林公園周回コース

表彰式で声援に応えるバウケ・モレマ(中央)ら上位3選手

14位となった宇都宮ブリッツェンの増田(左から2人目)と21位の岡(同3人目)=宇都宮市森林公園周回コース

那須ブラーゼンの柴田=宇都宮市森林公園周回コース

ゴールスプリントを制して優勝し喜ぶバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)=宇都宮市森林公園周回コース ゴールスプリントを制して優勝し喜ぶバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)=宇都宮市森林公園周回コース 表彰式で声援に応えるバウケ・モレマ(中央)ら上位3選手 14位となった宇都宮ブリッツェンの増田(左から2人目)と21位の岡(同3人目)=宇都宮市森林公園周回コース 那須ブラーゼンの柴田=宇都宮市森林公園周回コース

 アジア最高位の自転車ロードレース「2019ジャパンカップサイクルロードレース」は20日、宇都宮市森林公園周回コース(10・3キロ×14周=144・2キロ)で本戦のロードレースを行い、バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)が3時間41分13秒で2015年以来、4年ぶり2度目の優勝を果たした。トレックは19日のクリテリウムも制し、ジャパンカップ2冠も達成した。県勢は宇都宮ブリッツェンの増田成幸(ますだなりゆき)の14位が最高だった。

 120人が出走したレースは完走者40人というサバイバルレースになった。ワールドチームなどの外国人8選手が逃げ、メイン集団はブリッツェンら国内チームが協調してコントロールした。

 11周回目の古賀志林道の登りで逃げ集団が崩壊し、メイン集団から抜けたワールドチームを中心とした約10人の先頭集団ができた。最後はモレマがマイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーション・ファースト)との一騎打ちを制した。

 3位はディオン・スミス(ニュージーランド、ミッチェルトン・スコット)。中根英登(なかねひでと)(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)が日本人最高の6位となり、アジア最優秀選手賞を2年連続で受賞した。3周ごとに設けられた山岳賞のうち二つはクーン・ボーマン(オランダ、チーム・ユンボ・ヴィスマ)が獲得した。