オリックスからドラフト1位指名され、福良GM(左)の訪問を受けた沖縄・興南高の宮城大弥投手=20日、那覇市

 ドラフト会議でオリックスから1位指名された沖縄・興南高の宮城大弥投手が20日、那覇市の同校で福良ゼネラルマネジャー(GM)らの訪問を受けた。期待の大きさを感じた様子で「ここからが勝負。まずは中継ぎで活躍してから先発になりたい」と、緊張しながらも力強く決意を示した。

 福良GMから「これから頑張って」と激励され、西村監督のサイン入り色紙を贈られた。上背172センチながら150キロ近い直球と鋭いスライダーを誇る。オリックスは山岡や山本ら有能な若手投手が多いとあって「必死に食らい付いて、吸収したい」と意欲的だった。