試合会場で調整するイングランド代表=昭和電工ドーム大分

 試合会場で調整するフーパー(手前)らオーストラリア代表=昭和電工ドーム大分

 試合会場で調整するイングランド代表=昭和電工ドーム大分  試合会場で調整するフーパー(手前)らオーストラリア代表=昭和電工ドーム大分

 ラグビーのワールドカップ日本大会の準々決勝で19日に対戦するイングランドとオーストラリアが18日、試合会場の昭和電工ドーム大分で最終調整した。

 イングランドは公開された冒頭から、厳しい表情で汗を流した。フランスとの1次リーグ最終戦が台風の影響で中止となり、2週間ぶりの試合。大会前にキャンプをした宮崎に戻って調整し、大分に乗り込んだ。SHヤングズは「最初から飛ばしていきたい」と話した。

 オーストラリアは前回の1次リーグでイングランドに快勝しているが、その後の対戦では6連敗中と近年は相性が悪い。フランカーのフーパー主将は「誰にも結果は分からない」と語った。