エースで4番と投打でチームをけん引する青藍泰斗の佐々木

1年生ながら打率4割超の文星付・福田

エースで4番と投打でチームをけん引する青藍泰斗の佐々木 1年生ながら打率4割超の文星付・福田

 来春のセンバツ甲子園につながる第72回関東地区高校野球大会は19日、群馬県内で開幕する。大会には関東7県から代表15校が出場。本県代表の2校はどちらも20日午前10時からの1回戦に登場し、青藍泰斗(本県1位)は前橋市の上毛新聞敷島球場で西武台(埼玉2位)と、文星付(本県2位)は高崎市の高崎城南球場で山梨学院(山梨1位)と対戦する。校名変更後初のセンバツ出場を目指す両チームの戦いを、県大会の成績から展望する。