イノシシに襲われホームにいた女性がけがをした東武伊勢崎線福居駅=17日午前11時15分、足利市福居町

イノシシに襲われホームにいた女性がけがをした東武伊勢崎線福居駅=17日午前11時15分、足利市福居町

 17日午前9時15分ごろ、足利市福居町の東武伊勢崎線福居駅で、同市、女性(25)がホームに現れたイノシシに衝突され、左手首や両足にけがをした。市内では同日、この女性を含む計4人がイノシシに襲われて負傷。14日にも近くで女児(9)と自営業男性(50)がイノシシに襲われてけがをした。台風19号による大雨で市内に流れる渡良瀬川などが増水した影響から、同市は「生息地を追いやられ市街地に出没した可能性がある」としている。

 足利署によると、同日午前9時20分ごろ、同駅から約300メートル北西の市道で、自転車に乗っていた同市、男子高校生(16)がイノシシと衝突し右手や両ひざにけがをした。さらに約15分後、男子高校生がイノシシと衝突した現場の約100メートル北の市道で、通報を受け現場周辺を警戒していた同署員(31)がイノシシにかまれ、右太ももをけがした。いずれも体長約1メートルのイノシシだったという。

 同11時5分ごろ、福居駅から約1・8キロ北西の同市堀込町の民家庭先で、住人の男性(72)がイノシシを見つけて取り押さえ、通報で駆け付けた複数の消防署員と捕獲した。住人男性は手などにけがをした。イノシシは体長約1・3メートルで、猟友会が殺処分した。

 同市農林整備課は「(14日のイノシシと)同じかもしれないが、他の地域でも目撃情報がある。見つけても刺激せず、静かに逃げてほしい」としている。