米ウィーワークが運営するオフィス=9月30日、サンフランシスコ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】ソフトバンクグループが、共有オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーに金融支援を提案することが16日、分かった。米メディアが報じた。資金繰りに懸念が出ており、数十億ドル(数千億円)規模が見込まれるという。

 米金融大手JPモルガン・チェースも支援策を提案する見通し。CNBCテレビによると、一方の案を選ぶか、両案を組み合わせる可能性がある。

 ウィーは9月に上場するとみられていたが、投資家から収益性などに疑念を持たれ、上場計画を撤回した。金融支援がなければ、11月中旬にも資金が底を突く見通しで、人員削減も検討しているという。