イチゴの大きさなどを確認するJAはが野職員(左)と出荷した一木さん(中央)ら

 【真岡】JAはが野は15日、2020年産(19年秋~20年春)とちおとめを初出荷した。20年3月に「全国いちごサミットinもおか2020」を控える中、19年産で販売額100億円を達成した同JAのイチゴの販売が、京浜方面の量販店を皮切りに始まる。

 この日は鹿の同JA二宮東部集荷場に、物井、農業飯山一男(いいやまかずお)さん(65)方と、同所、同一木茂(いちきしげる)さん(46)方のとちおとめ419パックを搬入。JA職員が粒の大きさや色などを確認した。