1回、栃木GBの原田が左中間に2点適時二塁打を放つ=JAバンク徳島スタジアム

試合後、沈んだ表情でファンにあいさつする栃木GBナイン=JAバンク徳島スタジアム

優勝を逃しぼう然とする栃木GBナイン=JAバンク徳島スタジアム

1回、栃木GBの飯原が先制の中犠飛を放つ=JAバンク徳島スタジアム

1回、栃木GBの原田が左中間に2点適時二塁打を放つ=JAバンク徳島スタジアム 試合後、沈んだ表情でファンにあいさつする栃木GBナイン=JAバンク徳島スタジアム 優勝を逃しぼう然とする栃木GBナイン=JAバンク徳島スタジアム 1回、栃木GBの飯原が先制の中犠飛を放つ=JAバンク徳島スタジアム

 野球独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(CS)第5戦は15日、徳島市のJAバンク徳島スタジアムで行われ、ルートインBCリーグ王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は四国アイランドリーグplus王者の徳島に3-4で競り負け、通算2勝3敗で初優勝を逃した。徳島は2年ぶり3度目の優勝。

 栃木GBは初回に飯原誉士(いいはらやすし)の犠飛と原田元気(はらだげんき)の2点適時二塁打で3点先制したが、二回以降は徳島の2番手で登板した本格派右腕の前に散発2安打に抑え込まれた。先発の前田大佳(まえだまさよし)は4回2失点と粘りの投球。しかし、五回に2番手の秋山陸(あきやまりく)(国学栃木高出)が失策絡みで2失点し、逆転を許した。六回以降は若松駿太(わかまつしゅんた)、金本享祐(かねもときょうすけ)らが無失点に抑えたが、打線の援護を得られなかった。

 栃木GBは1勝1敗で迎えたグランドCS第3戦で、中盤までリードを許すも六回に3-3と追い付いたが、七回に3番手の橋詰循(はしづめじゅん)が2点適時打を浴びて3-5で競り負けた。第4戦は序盤に5-0とリードしながら五回を終えて1点差まで詰め寄られたが、リリーフ陣の活躍でリードを守り切った。