優勝した姿川第一クラブ

姿川第一クラブ(宇都宮)-奈坪クラブ(宇都宮)決勝 一回裏、姿川第一の斉藤大がレフトオーバーの逆転タイムリーを放つ。捕手・船橋=芳賀町ひばりが丘公園野球場

姿川第一クラブ(宇都宮)-奈坪クラブ(宇都宮)決勝 一回裏、姿川第一の斉藤大がレフトオーバーの逆転タイムリーを放つ。捕手・船橋=芳賀町ひばりが丘公園野球場 優勝した姿川第一クラブ

 日本ハム旗第21回関東学童軟式野球秋季大会県予選は13、14の両日、芳賀町ひばりが丘公園野球場で準決勝、決勝を行い、決勝で姿川第一クラブが奈坪クラブとの宇都宮対決を8-2で制し初優勝を飾った。

 大会は新人戦に相当し、終盤戦は台風19号の影響で日程を1日ずつ順延させての開催となった。準決勝は地元の台風被害が大きかった天明クラブ(佐野)が棄権となり、姿川第一クラブ-豊浦クラブ(那須塩原)の1試合を実施し、姿川第一クラブが勝ち上がった。

 決勝で姿川第一クラブは初回に長打攻勢で5点を先制。三回には四球にヒットをうまく絡め、打者一巡の攻撃で3点を追加した。投げては先発の上野大翔(うえのだいと)が粘り強い投球で相手打線を2点に抑え完投。奈坪クラブは得点圏に走者を送るが、惜しくもタイムリーが出なかった。

 優勝した姿川第一クラブは11月16、17日、千葉県の日本ハムファイラーズ鎌ケ谷スタジアムで行われる関東大会に出場する。