JR東日本は14日、台風19号の影響で12日から運休していた日光線と烏山線の運転を再開したと発表した。日光線は大雨により線路内の砕石が流出したため、設備点検などを行い14日午前8時40分から運転を再開。同日は上下線11本、約770人に影響した。烏山線は同日始発から運転している。