U18日本代表に選ばれた小林、川村、和田、三松、大岡、安達(右から)=今市高グラウンド

 日本ホッケー協会は男子の18歳以下(U18)日本代表を発表し、国体少年男子で4年ぶり3度目の優勝を飾った今市高から6人が選出された。6人のうち5人は今月の日韓交流戦に出場する。

 3次選考を経て代表入りしたのはDFの川村裕亮(かわむらゆうすけ)主将、三松勢矢(みまつせいや)、MFの安達恒智(あだちちかとも)、小林正人(こばやしまさと)、FWの和田公志(わだこうし)、大岡凌磨(おおおかりょうま)。川村、三松、小林、和田、大岡は今月10~16日に韓国で開催される日韓交流戦に出場し、安達は来年行われる予定の海外遠征に参加することが決まっている。