最優秀賞を受賞した真岡署の実演=11日午後、県警機動センター

 県警は11日、宇都宮市野沢町の県警機動センターで、警察官らが市民向けに交通ルールを分かりやすく伝える技術を競う交通安全教育技能競技大会を開いた。

 テーマは「県内の情勢に合わせた小学生に対する交通安全教育」。県内3ブロックの予選を通過した6署計16人が、管内の交通事故の特徴や交通安全のポイントを盛り込んだ寸劇などを披露した。