「はつみつのお酒」(中央)と今回開発するミード

 天鷹酒造(大田原市蛭畑、尾崎宗範(おざきむねのり)社長)は10日、クラウドファンディング(CF)サイトのマクアケで蜂蜜酒(ミード)新製品開発の資金調達を始めた。目標金額は50万円で、12月10日まで募っている。

 同社のミード「はちみつのお酒」は今年3月、米国で開かれたミード国際コンテストのメイザー・カップでブロンズ賞(3位)を受賞した。入賞は日本産蜂蜜酒で初めてだった。

 CFで調達した資金は、次回の同コンテスト出品酒の開発と出品の費用に充てる。尾崎社長は「支援者にはマクアケのサイトを通じて順次、開発の過程も知っていただきながら、新しいお酒を造り出し、世界一を目指す」と話す。