東武鉄道は11日、台風19号の影響で、12日~13日にかけて列車の運転を取りやめる予定と発表した。

 県内では佐野線、日光線、鬼怒川線、宇都宮線が12日午前11時ごろから順次運転本数を減らし、同日午後1時ごろから終日全線で運転を取りやめる。13日も始発から運転を見合わせ、天候が回復した後に施設点検や安全確認を行うとしている。

 また有料特急列車は12日午前9時から13日正午まで全列車運休する。