改装オープンした店内。新ブランド名は日光、日昇堂からイメージされる「お天道様」に由来するという=10日午前、日光市

改装オープンした店内。新ブランド名は日光、日昇堂からイメージされる「お天道様」に由来するという=10日午前、日光市

改装オープンした店内。新ブランド名は日光、日昇堂からイメージされる「お天道様」に由来するという=10日午前、日光市 改装オープンした店内。新ブランド名は日光、日昇堂からイメージされる「お天道様」に由来するという=10日午前、日光市

 「日光ラスク」などで知られる和洋菓子製造販売の日昇堂(日光市今市、長島孝昌(ながしまたかまさ)社長)は、チョコレートブランド「TENTO chocolate」を立ち上げ10日、日光市上鉢石町(かみはついしまち)の本店を新ブランドの拠点として全面改装し、オープンした。

 同社が本格的にチョコに取り組むのは初めて。万国共通で愛されるチョコと「和」の融合を図り、インバウンド(訪日外国人客)にも対応する。

 広告大手の電通と、商品作りから「二人三脚」(長島社長)で約1年半取り組み、立ち上げた。

 核となる商品は「TENTO」。仏・ヴァローナ社の高級チョコを使った、カットが印象的な一口サイズで、1個税別370円。