9月に台風15号の影響で、首都圏のJR在来線の「計画運休」が実施され、品川駅で運転再開を待つ人たち=9月9日

 台風19号の接近が予想される12日から13日にかけ、交通機関は全国各地でストップしそうだ。東海道、山陽新幹線も12日に計画運休の可能性がある。空の便では12日、羽田と成田両空港を発着する国内線は全日空が全便、日航も早朝便を除く大半の欠航を決めた。全日空は中部と関西両空港の国内線も大半が欠航となる。鉄道各社は11日に範囲や時間帯など詳しい計画を発表する方針。

 JR東海によると、東海道新幹線の東京―新大阪間は12日昼前から計画運休となる。JR西日本も山陽新幹線新大阪―岡山間で12日午前から運転取りやめの可能性があり、ほかの区間でも本数を減らす場合がある。