福田知事(右)に勧告書を手渡す五家委員長=9日午前、県庁

 県人事委員会(五家正(ごかただし)委員長)は9日、2019年度の県職員の月給を0・09%、ボーナス(期末・勤勉手当)を0・05月分引き上げるよう福田富一(ふくだとみかず)知事と県議会に勧告した。引き上げ勧告は月給、ボーナスともに6年連続となる。

 同委員会は従業員50人以上の県内民間事業所のうち、無作為に抽出した158事業所の個人別給与を調べ、県職員平均と比較した。県職員の4月分月給は民間より379円(0・10%)低い37万1444円で、18年8月~19年7月の1年間のボーナスは、民間より0・04月分低い4・45月分だったという。