高校生が真剣に問題を解いた税金○×クイズ

 【宇都宮】宇都宮税務署と宇都宮法人会女性部会は9日、宇都宮海星女子学院高で税金○×クイズ大会を開いた。消費税増税から間もないこともあり、1年生52人が真剣にクイズを解いた。

 11月11~17日の「税を考える週間」を前に、租税教育の一環として、楽しみながら税について学んでもらおうと企画した。

 今回は消費税率が今月1日に引き上げられたことを受け、「飲食料品や定期購読の新聞は消費税率が8%のままである」など軽減税率に関する問題が出された。屋台で焼きそばを購入し屋台のベンチで食べた場合の消費税率を問う問題では悩む姿が見られた。

 正答率が高かったチームのリーダー松本怜奈(まつもとれな)さん(15)は「買い物や外食で軽減税率やポイント還元を意識した。身近な税のことを勉強していきたい」と話していた。