延長11回、栃木GBの野崎がサヨナラの右犠飛を放つ=小山運動公園野球場

延長11回、栃木GB・野崎の右飛で三走の佐藤がサヨナラのホームイン=小山運動公園野球場

延長11回、栃木GBの野崎がサヨナラの右犠飛を放つ=小山運動公園野球場 延長11回、栃木GB・野崎の右飛で三走の佐藤がサヨナラのホームイン=小山運動公園野球場

 野球独立リーグの日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(CS)第2戦が6日、小山運動公園野球場で行われ、ルートインBCリーグ王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は延長十一回、4-3で四国アイランドリーグplus王者の徳島にサヨナラ勝ちし、通算成績を1勝1敗のタイとした。

 栃木GBは初回にルーカスの犠飛で1点先制すると、二回は青木玲磨(あおきれいま)、四回は西岡剛(にしおかつよし)の適時打で追加点。3-3で迎えた延長十一回は、1死から2連打と敵失で満塁とし、野崎新矢(のざきしんや)の犠飛で試合を決めた。

 先発した若松駿太(わかまつしゅんた)は7回を4安打2失点と粘りの投球。八回に2番手の橋詰循(はしづめじゅん)が3四死球で満塁とし、3番手の金本享祐(かねもときょうすけ)も押し出し四球を与え同点に追い付かれた。十回以降は前田大佳(まえだまさよし)、比嘉大智(ひがだいち)とつないで逃げ切った。

 グランドCSは全5戦の3戦先勝方式。第3戦は12日午後6時から、徳島市のJAバンク徳島スタジアムで行われる。