大川市長と談笑するトロイチュ会長(左から2人目)ら

 【栃木】ドイツビール祭り「オクトーバーフェストin蔵の街2019」の開催に合わせ、市と友好交流を続けるドイツ・ライライフツェン村の郷土観光協会の会長が4日、大川秀子(おおかわひでこ)市長を表敬訪問した。

 同祭りは、万町のとちぎ山車会館前広場で4~6日に開催されている。市観光協会はライライフツェン郷土観光協会と2012年、パートナーシップ共同宣言に調印。以降友好を深めており、17年には観光協会員が同村を訪れ、現地の祭りに参加した。

 市を訪れたのは、トロイチュ・ゲルハルト会長(53)ら10人。大川市長は「栃木を大いに楽しんでほしい」と歓迎し、市が所蔵する喜多川歌麿(きたがわうたまろ)の浮世絵の複製画が描かれた扇子をプレゼントした。