特殊詐欺の被害が後を絶たない中、国が9月27日から始めた被害防止の新対策で、県警が架空請求の疑いがあるショートメールに記載された固定電話番号1件について、使用停止にする手続きを取ったことが2日、県警への取材で分かった。電気通信事業者に1日、使用停止を要請した。県警が対策を実施したのは今回が初めて。

 新対策は、特殊詐欺に使われた固定電話番号の使用を停止して被害を防ぐ取り組み。都道府県警が、疑いのある固定電話番号の停止を電気通信事業者に要請する。