真岡発電所全景。写真中央部を境に右側が1号機、左側が2号機(神戸製鋼所提供)

 神戸製鋼所は1日、子会社のコベルコパワー真岡(真岡市鬼怒ケ丘1丁目)が、真岡市の真岡第5工業団地で建設を進めてきた国内初の本格的な内陸型火力発電所「真岡発電所」の1号機について、所定の条件を満たし営業運転を開始した、と発表した。

 営業運転開始によって、燃料の都市ガスを調達する東京ガスへ、発電した電力の供給が始まった。同社は15年間にわたって全量を受け入れる。