キャッシュレス決済のポイント還元を受けようと、クレジットカードで支払う客(左)=1日午後、日光市山内

イートインスペースのあるパン屋。店内飲食を希望する客には税率が10%になることを説明していた=1日午前、下野市薬師寺

キャッシュレス決済のポイント還元を受けようと、クレジットカードで支払う客(左)=1日午後、日光市山内 イートインスペースのあるパン屋。店内飲食を希望する客には税率が10%になることを説明していた=1日午前、下野市薬師寺

 「たかだか2%の増税と思うしかない」「今は影響を感じない」。消費税率が10%に引き上げられた1日、県内のスーパーなどを訪れた消費者からは増税への本音が漏れた。軽減税率、キャッシュレスによるポイント還元。複雑な制度に「やはり分かりづらい」との声も上がり、従業員がレジ前で丁寧に説明する姿なども見られた。

 宇都宮市鶴田町のスーパー「フードオアシスオータニ一の沢店」は1日から、レシートの商品名の横には「※」をしるして軽減税率の適用を示すように変えた。この日、野菜などを購入した同市鶴田町、会社員礒野克己(いそのかつみ)さん(70)は「10%と(軽減税率の)8%は制度として分かりづらい」とぼやいた。