福田知事(右)に要請書を手渡す星会長ら=1日午後、県庁

豚コレラ拡大防止対策について要請する星会長(右から2人目)=1日午後、県庁

福田知事(右)に要請書を手渡す星会長ら=1日午後、県庁 豚コレラ拡大防止対策について要請する星会長(右から2人目)=1日午後、県庁

 家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の被害が国内で広がる中、県内の養豚農家85戸が飼養豚に予防的なワクチン接種を希望していることが1日、分かった。県養豚協会の星正美(ほしまさみ)会長らは同日、県庁に福田富一(ふくだとみかず)知事を訪れ、ワクチン接種を求める要請書を提出するとともに、接種に対する養豚家の同意書を提出した。

 同協会の要請に対し、県はワクチン接種に関する国への要望も含め検討を始める。