3位でゴールするブリッツェンの岡(中央)=前橋市内、小森信道さん撮影

 自転車ロードレースのJプロツアー(JPT)第19戦「まえばしクリテリウム」(1周3・5キロ×12周=42キロ)は28日、群馬県庁と前橋市役所周辺の特設周回コースで行われ、県勢は岡篤志(おかあつし)(宇都宮ブリッツェン)が54分35秒で3位に入った。個人総合ランキングトップのオールイス・アルベルト(ベネズエラ、マトリックスパワータグ)が優勝した。

 チームランキング上位のブリッツェン、マトリックスパワータグ、ブリヂストン、シマノが序盤から集団を形成。最終周回に窪木一茂(くぼきかずしげ)(ブリヂストン)がアタックを仕掛けるとそのままゴールスプリント勝負となり、岡も横一線でフィニッシュしたがわずかに及ばなかった。

 JPT第20戦「まえばし赤城山ヒルクライム」は29日、群馬県の前橋合同庁舎エリアから赤城山総合観光案内所までの特設コース(21・5キロ)で行われる。