野球独立リーグ・ルートインBCリーグの年間王者を決めるリーグチャンピオンシップ(CS)第3戦は28日、小山運動公園野球場で行われ、東地区王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は延長十回の攻防の末、5-5で西地区優勝の信濃と引き分けた。通算成績は2勝1分け。

 栃木GBは3点を追う八回、1死満塁から相手投手の暴投と代打・飯原誉士の2点適時二塁打で同点に追い付いた。1点を追う延長十回は内山翔太が押し出し四球を選び再び同点。なおも2死満塁と攻め立てたが、後続が倒れてサヨナラ勝ちはならなかった。

 第4戦は29日午後1時から、小山運動公園野球場で行われる。