最優秀賞に選出された内田さんの作品

 【さくら】氏家うどんをPRする初の絵画(ポスター)展(氏家商工会主催)の審査が26日、氏家の同商工会で開かれた。初代の最優秀賞には氏家小2年内田瑛渚(うちだえな)さんの作品「だいすきな氏家うどんをたべるわたし」が選ばれた。

 氏家うどんは、小麦の生産が盛んな氏家地区の地場産小麦を使用する田舎風うどんで、本来の小麦の持つ独特の色合いと香り、食べるほどに感じる素朴さが特徴。同商工会が2016年、地域団体として全国で初めて商標登録した。

 優秀賞受賞者は次の通り。

 味波亜花里(南1年)舩山日歩(氏家3年)田辺燈依(押上2年)石原千渚(熟田3年)小菅海佳(同4年)