鬼怒川に祓物を流す掌典職=26日午後3時10分、高根沢町宝積寺

 天皇陛下の皇位継承に伴う重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」で使うコメを収穫する「抜穂(ぬき(ほ)の儀」を直前に控えた26日、高根沢町宝積寺の鬼怒グリーンパークで「悠紀斎田(ゆきさいでん)抜穂前一日大祓(おおはらい)」が厳かに行われた。大嘗祭で使うコメを収穫する水田「悠紀斎田」の「大田主(おおたぬし)」である高根沢町大谷、石塚毅男(いしつかたけお)さん(55)らが参列し、身を清めた。

 今回の大祓は、抜穂の儀に携わる人々の身をおはらいする儀式。石塚さんのほか、天皇の使いの抜穂使や、抜穂の儀でイネを刈る「奉耕者」ら約20人が参列した。