パーティーであいさつする田臥主将(右から3人目)ら=宇都宮市内

 バスケットボールB1の2019-20シーズン開幕を控える宇都宮ブレックスは26日夜、宇都宮市内でスポンサーら約350人を招いた「ティップオフパーティー」を開き、安斎竜三(あんざいりゅうぞう)監督と14選手が3季ぶりの王座奪還を誓った。

Web写真館に別カットの写真

 参加者が拍手で迎える中、選手は紺色のスーツ姿で登壇。田臥勇太(たぶせゆうた)主将は「今季こそチーム全員で優勝をつかみ取る」と力強く語り、安斎監督も「シーズン後には皆さまと喜びを分かち合いたい」と続けた。会場では選手のサイン会や記念撮影も行われた。

 ブレックスは今月、千葉県の船橋アリーナで行われたアーリーカップ関東の決勝で2連覇中のA東京を82-78で下し、初優勝を飾った。レギュラーシーズンの今季開幕戦は10月3日午後7時5分から横浜アリーナで行われ、昨季チャンピオンシップ準々決勝以来の対戦となる中地区の川崎と激突する。