【栃木】浄土宗寺院の住職有志でつくる「仏教耕心の会」は29日午後2時半から、作家五木寛之(いつきひろゆき)さん(86)の講演会を市栃木文化会館大ホールで開く。

 五木さんは福岡県生まれ。「蒼(あお)ざめた馬を見よ」で直木賞、「青春の門」で吉川英治文学賞を受賞した。「大河の一滴」や「親鸞」など多数の代表作がある。講演は「こころの四季」の講題で、「人生を終えるとき、どう向き合うべきか」といったテーマを話す予定という。