キャッシュレス決済のポイント還元制度のポスターを店内に貼る長谷川社長=24日午後、宇都宮市曲師町の長谷川時計店

 消費税増税後の消費喚起として始まるキャッシュレス決済のポイント還元制度に向け、県内の小売店などがポスターを店内に貼りだすなどして制度の周知を進めている。制度の加盟店に登録申請中の県内店舗は計約6700店(5日時点)に上り、7月末から2倍以上に増えた。消費税増税まで1週間。消費者の中には「スマートフォン決済を使い始めた」と話す人もおり、店、消費者側双方の準備が加速している。

 制度では、加盟店となった店舗でクレジットカードや電子マネーなどで支払うと、中小店舗で5%、コンビニなどのチェーン店で2%のポイント還元が受けられる。期間は10月1日から2020年6月末まで。