創業セミナーを受講する馬頭高の生徒

創業セミナーを受講する馬頭高の生徒

創業セミナーを受講する馬頭高の生徒

創業セミナーを受講する馬頭高の生徒 創業セミナーを受講する馬頭高の生徒 創業セミナーを受講する馬頭高の生徒

 【那珂川】足利銀行と馬頭高は24日、同校で「那珂川町起業応援プロジェクト~創業セミナーIN馬頭高校~」を初めて開催した。生徒に起業の基礎知識を持ってもらい、地元での起業を促して地方創生につなげることが狙い。同校の1、2年生19人が受講し、足銀行員や元町地域おこし協力隊員で起業した男性らが、それぞれの立場から講演した。

 セミナーには福島泰夫(ふくしまやすお)町長や吉成伸也(よしなりしんや)教育長、筧良夫(かけひよしお)那珂川商工会長、町内の企業経営者らも出席した。

 足銀の担当者は、全国の創業の現状を説明。毎年20~30万人が起業し、開業時の平均年齢が42・4歳で29歳以下も11・9%いることなどを挙げ、起業家の心構えとして「事業で実現したい夢や10年後の姿を描くことが重要」などと訴えた。