4回、栃木GBの松井が先制の中前適時打を放つ=長野オリンピックスタジアム

6回、栃木GBの松井が中前に2打席連続で適時打を放つ=長野オリンピックスタジアム

4回、栃木GBの松井が先制の中前適時打を放つ=長野オリンピックスタジアム

栃木GBグッズを品定めする来場者=長野オリンピックスタジアム

栃木GBグッズを品定めする来場者=長野オリンピックスタジアム

4回、栃木GBの松井が先制の中前適時打を放つ=長野オリンピックスタジアム 6回、栃木GBの松井が中前に2打席連続で適時打を放つ=長野オリンピックスタジアム 4回、栃木GBの松井が先制の中前適時打を放つ=長野オリンピックスタジアム 栃木GBグッズを品定めする来場者=長野オリンピックスタジアム 栃木GBグッズを品定めする来場者=長野オリンピックスタジアム

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの年間王者を決めるリーグチャンピオンシップ(CS)は23日、長野市の長野オリンピックスタジアムで第2戦を行い、東地区王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)が西地区覇者の信濃との接戦を3-2で制し、通算2勝で初のリーグ制覇へ王手をかけた。

 栃木GBは四回2死二塁から松井永吉(まついえいきち)の中前適時打で1点先制。六回はルーカスの左前打などで1死一、二塁の好機をつくり、松井が左前に2打席連続適時打。続く2死満塁では谷津鷹明(やつたかあき)が押し出し四球を選び、この回2点を追加した。

 先発の若松駿太(わかまつしゅんた)は6回で6安打を浴びながらも要所では直球と変化球を低めに集めて無失点。七、八回は橋詰循(はしづめじゅん)と金本享祐(かねもときょうすけ)が一人の走者も許さない完璧な救援を見せた。

 九回は抑えのジョンが2死から4連打を浴び1点差まで迫られたが後続を見逃し三振に打ち取り、辛くも逃げ切った。

 第3戦は28日午後1時から小山運動公園野球場で行われる。