県内で8月に発生した重点抑止犯罪(特殊詐欺や自動車盗など7罪種)は139件で、前年同月に比べ44件減少した。

 住宅対象窃盗は41件で7件増加した。一方で、特殊詐欺や車内荒らしなど他の6罪種は減少した。

 住宅対象窃盗は約半数が無施錠での被害だった。無施錠での被害は、特に家人の就寝中に侵入する忍び込みの手口で目立った。

 県警は、夜間や外出時の施錠の徹底を呼び掛けるとともに、ドアの二重ロックや防犯カメラ、センサーライトの設置を勧めている。

種類     件数 前年同月比  年累計
車内荒らし  56  -19   468
住宅対象窃盗 41    7   438
自動車盗   24  -17   192
特殊詐欺   10   -8   117
わいせつ    8   -1    36