第72回秋季県高校野球大会(県高野連主催、下野新聞社など後援)第9日は23日、清原球場で準決勝2試合を行い、文星付と青藍泰斗が決勝進出と来春の選抜大会につながる関東大会(10月19~27日、群馬県)出場を決めた。関東大会出場は文星付が4年ぶり15度目、青藍泰斗は22年ぶり5度目。

 文星付は4-2で宇工に競り勝った。初回に近藤暖人(こんどうはると)の右前適時打などで3点を挙げ、継投策で相手の反撃を2点に抑えた。青藍泰斗は連覇を狙う佐野日大に3-0で快勝。先発の大金裕人(おおがねゆうと)は、2回戦の宇北戦に続いて2試合連続で完封した。

 大会最終日は24日午前10時から、清原球場で文星付-青藍泰斗の決勝を行う。