2018年、日韓合同で開かれた「4・3事件」の慰霊祭=長崎県対馬市

 韓国南部・済州島で1948~54年、軍や警察が島民数万人を虐殺した「4・3事件」を巡り、多くの犠牲者の遺体が流れ着いたとされる長崎県対馬市で29日、日韓の市民が合同慰霊祭を開く。両国関係の悪化で韓国側から延期を求める声もあったが、調整の末に実現のめどが立った。日本側関係者は「心を一つにして平和や友愛を考える機会にしたい」と話す。

 対馬市での日韓合同慰霊祭は事件から70年だった昨年に続く開催。在日コリアンで奈良県生駒市在住の詩人金時鐘さん(90)が主催者の一人を務める。日本側は約40人、韓国側は遺族会会長ら約20人が参加する見通し。