大相撲秋場所千秋楽の優勝決定戦で貴景勝(左)を寄り切りで破った関脇御嶽海。2度目の優勝を果たした=22日、東京・両国国技館

 大相撲秋場所で2度目の優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長から賜杯を受け取る関脇御嶽海=22日、東京・両国国技館

 大相撲秋場所千秋楽の優勝決定戦で貴景勝(左)を寄り切りで破った関脇御嶽海。2度目の優勝を果たした=22日、東京・両国国技館  大相撲秋場所で2度目の優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長から賜杯を受け取る関脇御嶽海=22日、東京・両国国技館

 大相撲秋場所千秋楽は22日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、東関脇御嶽海(26)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=が12勝3敗で並んだ西関脇貴景勝との優勝決定戦を制し、7場所ぶり2度目の優勝を果たした。本割では小結遠藤に勝っていた。

 次世代の担い手として期待される御嶽海は、大関昇進への足掛かりを築いた。関脇の制覇は今年初場所の玉鷲以来。関脇で2度優勝は朝汐(後の横綱朝潮)以来。

 今場所は鶴竜、白鵬の両横綱が不在。昭和以降単独2位の16場所連続三役在位の御嶽海は突き、押しを武器に白星を重ね、千秋楽まで関脇以下3人に優勝の可能性が残る混戦を制した。