ウォーレン米上院議員(AP=共同)、バイデン前米副大統領(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米CNNテレビは21日、来年の大統領選の民主党候補について、中西部アイオワ州の世論調査の結果、左派で女性のウォーレン上院議員がバイデン前副大統領を抜いて初めて支持率トップになったと報じた。

 アイオワは来年2月に党候補選びの初戦の党員集会がある重要州。結果は全米に影響を与え、党指名争いの流れを左右するため注目されている。

 ウォーレン氏の支持率は前回6月の調査から7ポイント増の22%、バイデン氏は3ポイント減の20%で他の候補を引き離している。CNNはウォーレン氏躍進の理由として左派のサンダース上院議員の支持を一部取り込んだと分析している。