ホーム開幕戦で熱戦を展開するバックスの選手たち=21日午後、日光霧降アイスアリーナ

 アイスホッケー・アジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは21日、日光霧降アイスアリーナで昨季王者のサハリン(ロシア)と対戦、0-3で敗れて3年連続でホーム開幕戦を白星で飾れなかった。

Web写真館に別カットの写真

 ひがし北海道とのアウェー開幕3連戦を2勝1敗で終えたバックスに対し、サハリンは今季初戦。バックスは第1ピリオドから守勢に回り2失点を喫した。第2ピリオドは無失点で持ちこたえものの、第3ピリオド13分4秒に追加点を許した。堅守を崩せず最後までゴールを奪えなかった。

 会場には新生バックスを見ようと1360人が駆け付けた。FW古橋真来(ふるはしまくる)のファンという矢板市安沢小6年、片桐悠人(かたぎりゆうと)君(11)は「負けちゃったけど激しい戦いが見られて楽しかった。次は真来選手に2点入れてほしい」と期待した。

 バックスは22、23の両日も同会場でサハリンと対戦する。