大相撲の大関栃ノ心が秋場所14日目の21日、平幕妙義龍に敗れて2場所連続の負け越しとなり、来場所の関脇転落が決まった。大関から降下するのは2度目。